歯医者と聞くと何をイメージしますか?虫歯の治療だったり、ホワイトニングだったり、予防歯科だったり、矯正だったり、人それぞれ思いつくものがあると思います。歯医者にも得意分野があります。その証拠に矯正歯科や審美歯科のように歯科の名前で自分の得意分野を表していたりもします。歯科の種類と得意分野があるということをしって、自分が利用する際の判断基準にするといいかもしれませんね。

インプラント治療後に後遺症は起こらない?失敗する?

歯を診てもらう様子

人間の歯は、乳歯から永久歯へと一度しか生え変わりません。
ですから、虫歯や歯周病で永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯が生えてくることはなく、見た目や噛む機能の問題が出てしまいます。
歯を失ったときに行う治療として知られているのが入れ歯ですが、歯茎の上にのせているだけなので外れやすく、決して良い治療とは言えません。

インプラントは、歯を失っても本物の歯のように噛むことができる治療として人気が高まっています。
歯のない部分にチタン製のネジを手術によって埋め込み、その上に人工歯をかぶせるのがインプラントという治療法です。
見た目も自然で、噛み心地が得られることからインプラント治療を希望する患者さんも増えています。

しかし、インプラントは確かにいい治療なのですが、落とし穴があります。
落とし穴とは、必ずしも成功する訳ではないということです。
手術をする前には、レントゲンやCTなどで埋め込む部位の骨の状態などを確認して治療にあたります。
それでも、顎の骨の中には血管や神経が入っているために、ドリルで多く削ってしまうと損傷を与えてしまいます。
特に経験不足な歯科医師の場合はリスクが高まります。

インプラントの欠点は、手術が必要であるという点です。
手術では麻酔をした上で、ドリルで骨を削ってチタンを埋め込みますが失敗するかもしれないというリスクは常にあります。
血管を傷つけてしまえば出血が止まらなくなってしまいます。
過去には、インプラントの出血による死亡事故もありました。
神経を傷つけた場合は、治療が終わっても顔の半分がしびれた状態になってしまいます。

また、このような大きなトラブルではない失敗例もあります。
インプラントは本物の歯のように噛むことができますが、人工物です。
定期的に歯科医院を受診して、噛み合わせのチェックや清掃をしなければいけません。
治療が終わっても歯科医院に行かなければいけないというのは、面倒だという点で欠点になるかもしれません。
きちんと噛めているから大丈夫だと思い、通わなくなってしまう患者さんもいます。

けれども、インプラントの検診を行わないと、気付かないうちに小さなトラブルが大きくなり、気が付いた時にはチタンが自然に抜けるということもあります。
一度抜けてしまったチタンはすぐに元の場所に埋め込むことはできません。
インプラント治療をする上では、利点ばかり考えてしまいますが、欠点も知っておくといいでしょう。