歯医者と聞くと何をイメージしますか?虫歯の治療だったり、ホワイトニングだったり、予防歯科だったり、矯正だったり、人それぞれ思いつくものがあると思います。歯医者にも得意分野があります。その証拠に矯正歯科や審美歯科のように歯科の名前で自分の得意分野を表していたりもします。歯科の種類と得意分野があるということをしって、自分が利用する際の判断基準にするといいかもしれませんね。

インビザラインで歯列矯正!歯磨き時の磨き残しゼロへ

歯並びが悪い人はインビザラインで歯列矯正をするのが良いでしょう。
インビザラインは透明なマウスピース型の器具を使って歯列矯正をする方法であるため、よくある金属製のワイヤーなどを歯につけて歯並びを治す方法とは違って治療中でも口元の見た目が格好悪くないというメリットがあります。

今まで歯並びが悪いことを気にしていながらも、年齢的に歯列矯正は難しいのではないかと考えていた人はインビザラインでの治療が出来るかどうかを矯正歯科で聞いてみてはいかがでしょうか。
インビザラインなら透明で目立たないため、他人が口元を見ても歯列矯正中だとなかなかわからないという利点があります。
そのメリットは、人とよく会う仕事をしている人にも歯並びを治す治療が受けやすいということになりますので、年齢的にもう無理だとは思わないでインビザラインの利用を考えてみるのがおすすめです。

インビザラインで歯列矯正をするのがおすすめの理由には、この装置なら患者さん自身で取り外しが自由に出来るので食事や歯磨きがしやすいというメリットがあることも挙げられます。
従来よく使われていた歯に金具を付けるタイプの歯列矯正では、歯磨きの時にもワイヤーなどをつけたままで行わなければならないため汚れが落としにくく、磨き残しが出来てしまって虫歯や歯周病になる原因となってしまうことがありました。
しかし、インビザラインは簡単に取り外せてしっかりと歯磨きが出来るので、磨き残しが起こりにくく虫歯予防がしやすい矯正装置と言えます。

虫歯や歯周病を予防するためには、歯と歯の間や歯の裏側といった歯ブラシが届きにくい部分の汚れまでもしっかりと落とすことが大切になります。
そのような隙間や裏側は従来の矯正装置をつけていては汚れを落としにくいですが、インビザラインなら外してしまえば糸ようじなども使えるため歯についた汚れを除去しやすいでしょう。
また、インビザラインは取り外したマウスピース型の装置も洗浄してキレイにしてから装着することが出来るので、装置の方に汚れが付着したままで不衛生になるということが無いのも魅力です。

これから歯列矯正をしたいなら、ある程度の期間は矯正装置をつけ続けることになるためその間に虫歯や歯周病にならないかという心配が出てくることでしょう。
インビザラインを選べば前述のように歯磨きがしやすく磨き残しをゼロにすることも可能なので、歯を清潔に保ちながら歯並びを治したい人は是非インビザラインの利用について医師に相談してみてください。